2015年06月30日

スキーはブレーキ操作

IMGP0495.jpg

今回はみなさんの腰のあたりに私の手のひらを常に感じてもらいながらのトレーニングとなりました。


★Iさん:全体に抑揚が現れてきました。

 なかなか格好いいシルエットが出てきました。

 CRの動きを邪魔しない上半身の動きが身についてきている証拠です。

 ただ、次のターンへの入り口で重心が前に行ってしまいます。

我慢が肝要です。


★Tさん:今季初参加。 

上半身の傾きと下半身の上下運動がCRのターンコントロールのすべてです。

 二つの運動の強弱とタイミングを練習し積み重ね体に覚え込ませましょう。

雪上が楽しみです。


★Tさん:CRの動きが体の緊張のせいで少々ぎこちなくスピードロスを招いているようです。

・・・規則正しく呼吸をしてCRを転がしてみましょう。

きっと新しい境地に達すると思いますよ(特殊な呼吸法はしないでくださいね)


★Yさん:CRの動きに体が順応してきました。

・・・更にCRを今以上に動かすためには「曲がりたい」という欲望を滅却し

無我の境地に至らなければなりません。

そして決められた動きを正確無比に行う事が必要です。

 ・・・例えるなら、仕事を5時10分に終了し、

15歩南東方向に進み右手で冷蔵庫の扉を開け冷えたビール缶を手に取り

西の空を眺め大きく深呼吸をしビール缶のプルタブを左手人差指でこじ開け

3秒以内に飲み干す。

・・・少々長くなりましたが決められた事を決められたように行うという喩です。


★Yさん:CRの動きが非常にスムーズになってきました。

特に最初から中盤にかけては完璧に近い!

後半はスピードが減速してくるので、待ち切れずに仕掛けてしまうのでしょうか。

・・・CR練習での最大の良点は身体のちょっとした動きがCRに伝播することです。

CRが完全停止するまで決して気を緩めてはいけません。


★Wさん:今季初参加。公式には「初」ですが、

一人コソ練に励んでいることと思います。

CR愛好会の重鎮として更に磨きを掛けていただきますようお願いします。


★Mさん:身体の大きな動きが出てきました。

もとより格好いい体格とフェィスを活用しない手はありません。

 CRは「教具」です。色々な動きを試すことで

自身に眠っている新たな能力に気付く事が出来るやも知れません。

大きな動きにも次回チャレンジ願います。


★Mさん:今季初参加。久しぶり?のCRの感触いかがでしたか?

 足元だけ見ている分には結構上手く回転しているのです・・・が、

見せる・見られるというエンタテイメント感からすると少々物足りなさを感じてしまいます。

「スキーは爆発だ!」ぐらい過激な動きに挑戦してみましょう。

・・・そう言った限り私は責任を持って最後までサポートしますから安心していてくださいね。


今回参加されたみなさんご苦労様でした。

また、参加できなかったみなさん大変残念でした。

今回は、いつもの練習会場がイベント開催のため、

第二練習場へ移動してのトレーニングとなりました。

こちらは、傾斜も強く滑走距離も長いのでいつも以上の練習が出来たものと思っています。

私の手のひらの感触忘れないようにしてくださいね。

では次回練習会でまたお会いいたしましょう。



次回(第4回)カービングローラー練習会

2015年7月19日(日)9時〜  
会場:姫路市 某所

※雨天中止 また会場の都合で開催できない可能性あります。

※レンタル必要な方はあらかじめご連絡ください。
 レンタル料:1000円




愛好会への
ひらめき各種申し込みお問い合わせはこちらにお願いします。ひらめき


わたしの師匠
↓ ↓ ↓
身体・スポーツアドバイザー中島智吏のオフィシャルブログ




にほんブログ村







posted by ろーらー隊長 at 00:44| Comment(0) | カービングローラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: